街コンのデメリット

街コンのデメリットとは?

街コンのデメリット

 

 

「街コン」に参加するか悩んでいる方も多いと思う。

 

実際に自分が参加した体験をもとに、
「街コン」デメリットなどを述べる。

 

 

 

少し前に、友達と2人で都内で開催された「街コン」に参加してきた。
参加人数もハンパなく、500人を超えていた。

 

店を何店舗も貸切にして、どの店もバイキング方式での料理提供だった。
参加人数の割には店の数が少ないな、という感じがした。

 

”街コン受付”で地図リストバンドを受け取って1店舗目に向かう。
この1店舗目は決められている店に入らないといけない。

 

店の中は大人数で騒然としていたが、席に案内されて
OLの女の子2人と同じテーブルについた。

 

街コン デメリット

 

結構話も合って40分ぐらいは話しただろうか、
女の子2人が「他の店に移るので」と言って席を立った。

 

一緒に行く雰囲気でもなかったので、「またね!」と言って別れた。
「街コン」では連絡先交換が常だと思っていたので、
ちょっと肩透かしをくらった感だった。

 

2店舗目に行くと満席で3店舗目も満席…
ようやく4店舗目に入ることが出来たが、そこでは2対2ではなく、
長テーブルに男女が適当に座るというスタイルだった。

 

なかなかゆっくり話せずに時間が過ぎてしまい、
次の店に移ろうと店を出たところで終了となった。

 

 

 

街コンのデメリットは、まずゆっくり話せない事だ。

 

多少はガヤガヤするのはしょうがないのだが、アルコールが入ると
次第にみんなハイテンション気味になってきて、
店によっては大声で話さないと聞こえない。

 

さらに街コンに参加してくる女性は真剣に男性との
「出会い」を求めて、というよりも、参加費も安いので
友達と何店舗もの店を食べ歩き出来ることのほうが
楽しくて参加してきている女性が多い
と聞いた

 

男女の参加意識の温度差がある感じで、
男性の「出会い」を求める気持ちが
空回りする場面があちこちで見られた。

 

街コンのメリット

 

そんな中でも、良い人と巡り会える人も少数だがいた。
もっと沢山の人が良い出会いを出来るように、
もう少し考慮して貰うと、「街コン」もより良いものになる気がする。

 

俺自身は、「街コン」を否定はしないし、”街おこし”としても
良いイベントだと思うのだが、こと「出会い」という事ではなかなか
難しい面があると思う。

 

ココもぜひ見てくれ!
↓↓↓

街コンの口コミを見る
街コンの落とし穴